Hong Kong Intelligence Report #25 対米従属 對美從屬 对美从属 Obedience To US Imperialism

Updated: Aug 1, 2021

#対米従属 #HongKong #Intelligence #Report #香港情報分析 #OSINT

File Photo: The New Cabinet was approved on October 9, 1945. The plan was implemented by Foreign Minister Yoshida. Foreign Minister Yoshida confirmed the intention of General MacArthur in each case and conducted a selection. Unfortunately, the Japanese government has finally become a puppet government since then.  —  Mamoru Shigemitsu, " Mamoru Shigemitsu Diary Cont."  Composite © Ryota Nakanishi
File Photo: Mamoru Shigemitsu, " Mamoru Shigemitsu Diary Cont." Composite © Ryota Nakanishi

What could we do?


“How many September 11ths has the United States caused in other nations since WWII?” The answer is: possibly 10,000. - James A. Lucas

cited from U.S. Regime Has Killed 20-30 Million People Since World War II


Listen to Mr. William Blum (1933-2018)'s suggestion to the people of the world.


People asked Mr. William Blum: What could we do?  

Mr. William Blum: Educate yourself and as many others as you can about what this (US) government has actually done at home and abroad. 

This is what I have been doing since 2013 until present internationally.

 

Academy Award Winner The Panama Deception (Dir. Barbara Trent; 1992) was and still is the best documentary on this issue.


Full Movie


URL: https://www.c-span.org/video/?467566-1/the-panama-deception


 

General Remark


This analysis on the global political phenomena 'obedience to US imperialism' was done from the specific political perspective and context of Japan in the past. The recent political tendency of Japanese inner politics is that US and its puppet regime are gradually establishing two party system like US itself in which both ruling party and opposition party are both US agents and representatives of billionaires who are highly hostile to Russia and China. Japanese opposition must abolish anti-China, anti-Russia political lines which are only harmonious with US imperialism diplomatically.


Even Japanese Communist Party is now transforming into 'pro US Democrat' camp internationally and highly hostile to Venezuela's Maduro regime, Putin Russia and Chinese Communist Party. In general, Japan's political situation is no better than any others. US imperialism is still dominant in both right and left wings in Japan. Thus, 'being independent from US imperialism' is the historical goal of the people. Both All Japan for Peace and Coexistence and Reiwa Shinsengumi are leading the opposition strategically and tactically in an anti US imperialist way. Enemies' conspiracy of hijacking the opposition movement was failed in 2016 by us but it's still in danger.


Furthermore, Okinawa's anti base movement is affected by interests of local developers. As the result, it lacks thoroughness and cohesiveness that they don't demand complete withdrawal of USFJ. At the same time, they allow US bases without Marine Corps Air Station Futenma and Henoko bases. They only aimed at reducing the burdens in this contradicted way while it won't serve the cause.


This article (2013) below was written in Japanese due to its political targets during Japanese ops. in the past decade. It can show you what US imperialism is in world history. It is our issue not others'.


In some secret document, NSA did not mention Hong Kong as a threat to its global agenda including anti-China ops.. In the past, I wrongly complemented Hong Kong as the best society to be able to prevent US imperialist colour revolutions effectively but the place has been the worst example for the world since 2019.


Historical Events for the real opposition in Japan

Democratic reformist Hatoyama regime begins in 2009;

Publication of Ukeru Magosaki's revolutionary historical book, The Truth of the Post-War Japan-US Alliance (ISBN-13: 978-4422300511);


Birth of Abe's reactionary regime at the end of 2012;


The establishment of the All Okinawa United Front;


Takeshi Onaga elected as Okinawa Governor in 2014;

All-Japan for Peace and Co-existence United Front established in 2015;

The death of Okinawa Governor Takeshi Onaga ; Danny Tamaki succeeded Okinawa Governor Takeshi Onaga in 2018;


Reiwa Shinsengumi organised in 2019.


To be continued...


Although western mainstream media are still blaming Stalin and Mao for deaths of millions, US itself actually killed 20-30 millions around the world since WW2. The greatest mass murderer is US government. James A. Lucas wrote:


''The overall conclusion reached is that the United States most likely has been responsible since WWII for the deaths of between 20 and 30 million people in wars and conflicts scattered over the world.''


READ MORE:

U.S. Regime Has Killed 20-30 Million People Since World War II

https://www.fort-russ.com/2020/01/u-s-regime-has-killed-20-30-million-people-since-world-war-ii/

 

總論


不管是什麼立場,大中華地區的媒體都根本不理解錯綜複雜的日本國內政治。不過,日本,台灣,南韓都作為美帝的反中封鎖線,不精確理解日本國內政治是只會不利於中國本身,只對日本統治階級的部分進行統戰是遠遠不夠的,甚至‘被統戰’淪為了牟取私利的本港機會主義份子的現實主義手段(如地產霸權利用政協身分反中反共)。我們不管中國情報單位的失敗與否,也一律不需要管任何排外主義,官僚主義的中國媒體的錯誤。中國的政治和媒體的最大弱點是其愛國主義,愛國主義讓他們盲目,主觀和排外,而喪失了很多豐富的多元化的合作和發展空間。不過,美國在政治和媒體作戰方面也非常多元化,譬如在非洲的美國作戰上卻找了法國代理人來從事,然而中國始終死板地只用中國人,其視野和作風極為有限和狹窄。這點與俄國正好相反。雖毛澤東為中國打贏了美國好多次,但如今中國戰勝美國仍然是遙遠的未來的事。


在此議題上,中文讀者不熟悉的是,在日本,有關美帝的問題是以對美從屬的概念來討論的。是因為以舊民主黨系列的政黨(立憲民主黨;國民民主黨;希望之黨)所體現的親美民主黨的工會聯合組織連合的中產階級,社民黨以及共產黨的議會政黨都避開群眾路線,左右不同階級利益上反對美帝時,極力避免了左派路線及其詞彙。甚至,對美從屬這一概念也淪為了貪官污吏自覺的私人戰略或極右派隱瞞日本帝國主義的存在和粉飾改壞憲政體制及群眾既得社會成就時的敘事。對美從屬不僅是日本爭取對美獨立的批判性指導理念,讀取日本國內外政策的指針,也是統一不同反對黨派,階級利益之間展開反對美國帝國主義與日本帝國主義的政治概念。


就日本外交政策而言,基本上在野黨都是對美從屬的,主張對美獨立的卻仍然支持反中反俄的美帝外交政策,同時將視野限制在純粹國內展開對美從屬批判的怪象,矛盾是日本的反對派勢力的自我國際孤立現象,批判觀點往往唯限在日本國內。他們只談國內媒體,並以特定大學教室內的,特定教授之間的論爭取代整個群眾運動,其極端狹窄的視野都體現了國內水平仍然大不如國際水平。看來他們自己的個人,黨派利益凌駕於任何理念,政策。


日本的執政黨與在野黨中,有些主要政黨採取死亡部隊的戰術。自民黨與公民黨的暗殺部隊,官僚機構方面對此輔助的是公安,俗稱檢察機構法西斯主義的東京地方檢察特搜部與警方合作陷害反體制派,甚至日本共產黨也利用如同香港黑色暴徒一樣的暴力私了組織C.R.A.C.。


美帝在東亞意圖建立對美從屬的二黨制,執政黨和在野黨都是盲從美帝的。日本和台灣都是其典型。在香港,英美拉攏建制派議員來建立雙方都從屬於英美的議會主導勢力。對中國而言,一昧的反日政策和偏見毫無助於改善日本國內的左右反中的美帝佈局。


上述事實由以下事件證明,


2019年11月15日,日本共產黨跟隨日本國內舊民主黨勢力和美國民主黨批判了中共並維護了黑色暴徒。反對美帝的卻支持了美帝顏色革命,並對黑色暴力視而不見。


日本共產黨15日以“立即停止在香港的打壓”為題發出聲明指出,香港警察對於反政府的行動加強打壓的力道。11日警察近距離對示威者實彈開槍,有一人腹部中彈重傷。對手無寸鐵的示威者開槍是斷難容許的野蠻暴行。港警還衝入大學造成多人受傷、被捕。

聲明說,香港當局加強鎮壓民眾是獲得中國最高領導階層的批准與指導才做的。中國官方媒體告訴香港警察“什麼都不用怕”,公然煽動以武力威嚇。

聲明表示,顯然在香港進行打壓的根本責任在中國政府與中國共產黨,強烈要求立即停止打壓香港人。


READ MORE:

http://www.rfi.fr/tw/中國/20191115-日本共產黨發表聲明立即停止在香港的打壓


日本在野黨對國內爭取對美獨立,但對國外仍然秉持反中反俄對美從屬的政策。這種嚴重自相矛盾的政治病態只會有利於美帝。徹頭徹尾一貫堅持對美獨立政策才是日本在野黨可望改革日本的必要條件。從2009年的民主黨改革派鳩山政權開始,2012年末安倍反動政權的誕生,孫崎亭的革命性的歷史書《戰後的日美同盟真相》(ISBN-13: 978-4422300511) 的出版,2014年全沖繩統一戰線建立,翁長雄志沖繩縣縣長的產生,一直到2015年全日本統一戰線:為和平和共生的草根運動網的建立,2018年翁長雄志沖繩縣縣長逝世;玉城丹尼沖繩縣縣長的產生,最後2019年令和新選組誕生為止,正確的政策,政黨,研究,運動路線的確存在。最重要的不是有無主流媒體的報導,而是所提議的政策的準確性。日本目前的在野黨統一戰線的藍圖原本是學習國共統一戰線的。中國的影響如此深遠。


順便一提沖繩的反基地運動,這也不是單純的,實際上他們的主張是自相矛盾的,除了普天間基地和邊野古基地等著名新聞話題以外的新舊美軍基地則是被允許的。這主要是因為當地地產商的基地利權有關。減少基地負擔是口號,但其曖昧的雙重標準最終導致其他居民被基地利權所犧牲,如此基地負擔和沖繩歧視不會消失。正常的反基地主張應該是徹底去除所有的美軍基地,即美軍的全面撤退。


此篇日文小論文位於全沖繩全日本統一戰線的準備期,並且概括了當時所有有關議題的豐富理論成就和精華。


 

序説


米帝に浸透された左派:いずれにせよ孤立した一国対米独立は不可能;国際主義、国際的視野の必要性


CIAが資金援助した旧社会党だけでなく、共産党及びその周辺組織であるしばき隊もアメリカ民主党の外交政策と親和的で、明らかにCIAに代表される世界の寡頭に奉仕する勢力の浸透が深刻で、レーニン、ソビエトの全否定、及びアメリカ帝国主義批判の観点の埋没はそれを表現している。つまり、左翼左派も対米従属の範疇に入っている。


これは、今ラテンアメリカだけでなく、中国、香港でも深刻な米帝に奉仕する似非左派及びそのカラー革命における暴力と左派運動の乗っ取り、弾圧にもよく現れている。これは、2016年4月ちょうどNEDのマニラ会議から自覚にもたらされている国際現象である。


稀有な独立独歩の批判家である優秀な田中宏和氏がよくこの点を概括している。


今から16年前の2004年、関岡英之の『拒否できない日本』という新書が出版されてブームになった。2006年の『奪われる日本』も話題となった。米国の日本に対する「年次改革要求書」について暴露し、保守反米の立場から批判した本であり、当時、大きな反響を呼んで脚光を浴びた。2008年に小沢一郎率いる民主党が参院選で圧勝し、翌2009年の衆院選で政権交代を実現するが、その積極的な原動力となった一つが、関岡英之の著書だったのではないかと私は考える。これによって、保守世論でも竹中改革の売国政策に対する反発が広がった。書名を聞けば、誰もが何らかの感慨を持つはずだ。米国による徹底した日本改造。1997年の持株会社解禁は「年次改革要望書」によるものだった。1998年の大店法制定も「年次改革要望書」によるものだった。1999年の労働者派遣法改正による人材派遣業の自由化もそうだった。2002年の健康保険制度における3割負担導入もそうなのだ。2003年の郵政民営化もそうだ。


そして、2004年の製造業への派遣解禁。2005年の道路公団民営化。これらはすべて米国からの年次改革要望書の政策を国内で法制化したもので、その後の2010年のTPP協定交渉、2012年の第3次アーミテージレポートと続き、現在は日米FTA交渉で属国化の総仕上げの段階に入っている。年次改革要望書は、1993年の宮沢・クリントン会談が最初と言われているが、そこからとめどない従属化と植民地化の過程が始まり、怒濤の勢いとなって推進され、歯止めがかからないまま現在も続いている。関岡英之の頃は、それに対する反発や反感の意識が国内にあった。私はその点を指摘したいのだ。今では、属米化することが日本人の幸福のように言われ、左翼までが競って米国従属の動きを先導している。2012年からのしばき隊の活動がそうであり、ANTIFAのコピーやヘイトスピーチ法の移植がそうだ。LGBTを始めとする多様性主義のムーブメントもそうだろう。環境問題も、本来、日本発の提起だったのに、今では欧州の粗製偶像を崇める疎外と倒錯の劇となった。

日本の左翼からアメリカ帝国主義の概念が消え、自分たちがアメリカ帝国主義に支配されているとか、収奪と洗脳が強められているという意識が欠落してしまった。日本共産党の綱領には、今でも反アメリカ帝国主義の規定があり、二段階革命論の路線が保持されているのだけれど、その規定と認識が徐々に後退し、アメリカ帝国主義と対決する姿勢が弱くなっている。私見では、この問題はレーニン評価と直結していて、レーニン否定の空気がこの20年ほど左翼全般を覆うようになったため、帝国主義論の概念や理論の説得力が薄れ、こうした思想的結果を招いたのだと察しをつけている。レーニンが全面否定され、帝国主義論もゴミ箱行きの処理がされたため、アメリカ帝国主義に対する批判的視座が崩れてしまい、米国の対外政策を無条件に肯定する帰結に至ったのだろう。関岡英之の持論だった反米憂国の視角は、日本の左翼からは微塵もなくなってしまっている。その変化と傾向と並行して、左翼の中で反中国・反ロシアの気分が旺盛になり、しばき隊が反中反ロの言説を宣伝する前衛になって敵愾心を煽っている。

恰も、しばき隊がCIAの手先となり、左におけるプロパガンダ機関となったかの如き奇怪な印象だ。基本的には、彼らの無知と流行追っかけの浮薄な態度が誤謬を媒介していると言える。


READ MORE:

左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』

https://critic20.exblog.jp/30689744/#30689744_1


 

@ハフポスト


Lectures on the Political Philosophy of History

対米従属


研究対象期間:1893年から2013年当時


定義:


対米従属(たいべいじゅうぞく、英語: Slavish Obedience to the U.S.; Docile Subservience to the United States)または従米・媚米・属米・隷米・対米隷属・対米隷従・対米追随・対米追従・対米盲従とは、国家・政府・議会・国民が、自立や自己決定の意思を持たず、自分の認識や意見を持たず、 自分の認識や意見に基づく判断や言動をもせず、アメリカ合衆国議会・政府・諜報機関・軍産複合体・企業・駐留軍・国民に対して隷属・服従し、 内政も外交も、その他あらゆる物事も、アメリカ合衆国の言いなりになって発言・行動することである。


そして対米従属に相対するのが、脱米・対米自立・対米自主独立・対米独立・対米自主・対米脱却・対米自主自立などといわれる民族独立を希求する政治的立場 (英語: Pro-Independence) である。


この対立は、人種や文化の次元でのいわゆる親米と反米の二元論とは峻別される。また、対米自立は米国による主権侵害の打破を目標とし、対米従属と共に第一次世界大戦以前の19世紀後半から21世紀現在までの世界史に広範に確認されており、右翼・左翼の別なく両派にもみられる。


そして日本一国やその戦後史に限定されないばかりか、国内外の国政や地方行政双方の領域にも広範に認められ、さらには対米従属と対米自立の闘争はアジア、ラテンアメリカ以外に、アフリカや、中東や、オセアニアや、ヨーロッパ地域など全世界的規模で存在する。


対米自立はあくまで当該国の主権侵害国が米国であるから対米なのであり、対中従属、対韓従属など米国以外の特定国への従属を自動的に意味しない。日本が軍事的に独立できないと言うのは、売国的な詭弁である。[1] [2]

File Photo: Japanese Foreign Minister Mamoru Shigemitsu signs the Instrument of Surrender on behalf of the Japanese Government, on board USS Missouri (BB-63), 2 September 1945.  Image: Wikimedia=Wikipedia
File Photo: Japanese Foreign Minister Mamoru Shigemitsu signs the Instrument of Surrender. Image: Wikimedia=Wikipedia

他国に従属する原因:


個人や組織や政府が他者や他国(米国)に対して従属・盲従・追従する原因は数種類ある。

軍事力・経済力等の国力の関係上やむをえないから。 ある個人や組織や政府が、他者や他組織や他国に対して、宗教的・思想的な信仰による全面的な賞賛・崇拝をして、自分で認識や考察することを放棄して、全面的な賞賛や崇拝の対象である他者や他組織や他国に対して、私的利害から自発的に従属・盲従・追従する場合


民主主義においては大衆の意見や少数意見を尊重する建前から合意形成がなかなか進められないことがあるが、他国に対し内政干渉を要望し、 外圧に頼ることで国内の反対勢力(多数であれ少数であれ)を押し切りやすくなる


他国の政府や軍産複合体が覇権主義的・帝国主義・新植民地主義的な外交戦略政策に利用するために、被支配国となる植民地、属国、衛星国や保護国の国民の多数意見とは無関係に、自国が背後から操るに都合のいい傀儡政権を樹立し、被植民地側の各社会領域の特権的な現地協力 者に利権を与え権力に就かせ、間接支配する場合。


特に冷戦期には、米国はこの属国化の仕組みを反共や民主化や経済自由化 (9.11以降は反共 より反テロやグローバリゼーション) などのレトリックで覆い隠した。その政権転覆された相手国の多くは開発主義政権だったが、CIAや英国諜報機関により冷戦のレトリックによって共産政権扱いされているケースが見られる[3]


そして、またもし選挙で選出された当該国為政者が 米国の企業利益を脅かせば、CIAの海外政権転覆作戦の第二弾である1954年のグアテマラのケースのように、CIAに命じて当該国の政権を転覆させるのである[4]。当時グアテマラはソ連の支援を受けていなかったが、米国は反共名目で民族主義であるハコボ・アルベンス・グスマン政権を転覆したが、本当の理由はラテンアメリカ諸国での脱植民地化の現地の労農本位の民主政策の拡大阻止と、当該国政権が農地改革を行い米国の覇権的な多国籍企業ユナイテッド・フルーツ社の占有した土地を接収した為、同社が直接CIAに要請したからである[5]。そして同国では以後36年間の従米軍事政権下の内戦で約20万人が死亡した。


1941年以降、米国議会自体は宣戦布告をせず、この手の米国憲法上の戦争権限の曖昧なままのCIA実施の秘密作戦を、警察行動(死傷者400万人以上、 南北離散家族1千万人の朝鮮戦争)や顧問(ベトナム戦争)、秘密作戦(中米)、平和維持(レバノン)、低強度紛争(CIAが民主的選挙を妨害し内戦が止まなかったアンゴラからカンボジア)などのレトリックで行って来た。これには、元CIAアンゴラ機動部隊長ジョン・ストックウェル(en:John Stockwell)の証言がある。


チャーチ上院議員によれば、CIAは調査(1975年)以前の14年間に900の大規模な作戦と3000の小規模な作戦を遂行していた。ここから推計すると、CIAができてからの暗黒の40年間に、3000の大規模な作戦と10,000の小規模作戦が遂行されたことになる。全て違法なものだ。すべてが他国の社会や人々に破壊をもたらしたものであり、その多くが、想像を絶する血なまぐさい活動である。我々は、 様々な方法で工作し、十分に機能していた他国の立憲民主主義を転覆させた。世界中で秘密の軍隊を組織し、戦闘に向かわせてき た。少数民族に立ち上がって戦うよう仕向けた。ニカラグアのミスキート・インディアン、中東のクルド人、東南アジアのモン族などの人々。そしてもちろん、我々は世界中で暗殺団(death squad)を組織し、いまだに資金援助を行っている[6]。 — ジョン・ストックウェル


米軍関係者の側からもこのような他国の属国化の実態について、侵攻前の米軍基地内で既に傀儡政権を樹立させていたパナマ侵攻に関するユージン・キャロル海軍少将の証言がある。


ブッシュ大統領はパナマに民主主義を復活させるといった。もともとなかったものを一体どう復活させるのかね?1903年に米国の都合でパナマを作って以来、パナマが民主的だったことはない。我々は米国によるパナマ支配を復活させただけだ。[7]


— ユージン・キャロル海軍少将


アメリカの元CIA顧問で国際政治学者のチャルマーズ・ジョンソンは、2004年の論文集『帝国アメリカと日本:武力依存の構図』で戦後世界の対米従属現象の背景を国際比較し、冷戦という表面下で進行した帝国主義政策について以下のように分析している。


スターリンは第二次世界大戦後、武力によって東欧の国々を衛星国とし、ソ連帝国を打ち立てた。アメリカもちょうど同じように、 東アジアに軍事基地を広げ、帝国を作り上げた。どちらの帝国もそれ以外の形では存在しなかっただろう。[2]


— チャルマーズ・ジョンソン『帝国アメリカと日本 武力依存の構図』


日本の事例に関して言えば、1951年1月26日、当時米国国務省政策顧問のジョン・フォスター・ダレスとCIA長官アレン・ダレスはこの戦後帝国主義 政策の推進者であり、在日米占領軍に戦後引き続き日本全土の潜在主権を譲与確保する全土基地方式の適用に関して、安保条約と講和条約の協議過程で以下の如く其の真意を明言している。


File Photo: John Foster Dulles Image: Wikimedia=Wikipedia
File Photo: John Foster Dulles Image: Wikimedia=Wikipedia
我々が望む数の兵力を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利を確保する、それが米国の目標である(get the right to station as many troops in Japan as we want where we want and for as long as we want)。アメリカにそのような特権を与えるような政府は、日本の主権を傷つけるのを許したと必ず攻撃されるだろう。我々の提案を納得させるのは難しい。 — ジョン・フォスター・ダレス [8]

アメリカ側はこうして1951年2月中旬までにこの提案(日本の全土基地化と日本に於ける米軍の基地使用の自由化)を日本側に文字通り認めさせ、国会の承認なしに吉田茂の独断で秘密合意として日米行政協定(現日米地位協定)という形で実現した。[9]


在日米軍問題の専門家で沖縄国際大学教授の前泊博盛は、日米行政協定(現日米地位協定)の締結をもって戦後日本の対米従属路線が確定したとし、同協定を以下の如く定義している。


アメリカが占領期と同じように日本に軍隊を配備し続ける為の取り決め。[10] — 前泊博盛


米軍の海外駐留基地は、常に米軍の遠方での軍事介入の拠点であり、沖縄在日米軍基地がベトナム戦争の主要な軍事行動の拠点になったように、4千人以上が犠牲になったパナマ侵攻でもパナマ国内の米軍基地から米軍は直接首 都パナマシティを侵略した。そして、1991年にパナマが軍隊廃止の憲法改正法案を通過させると、米国議会でパナマ運河協定の見直し案が通過し、米軍のパナマ侵攻の真の目的であったパナマ防衛軍の解体と米軍のパナマ駐留継続を確実にした。[11]


対米従属の世界史的発展段階 [12][13]


実態として確認されている対米従属の事例とは、アメリカ合衆国政府が、戦前、冷戦期及びそれ以降海外に樹立した傀儡政権(en:Puppet state)を背後から操って間接支配する統治の事例であり、従来の公式的な冷戦史観とは異なった世界史がその表面下に通底しており、対米従属と対米自立の闘争は日本に限らず世界史的な規模で展開されて来たし、それには歴史上の幾つかの発展段階がある。


File Photo: Sanford Ballard Dole (1844–1926)  Image: Wikimedia=Wikipedia
File Photo: Sanford Ballard Dole (1844–1926) Image: Wikimedia=Wikipedia

第一は、1893年からのハワイ併合過程が象徴する直接的植民地支配の帝国主義時代から、1941年7月に設立された情報調整局(en: Office of the Coordinator of Information)を前身とする戦略情報局(OSS、Office_of_Strategic_Services)を成立させた第二次世界大戦期を経て、1947年の大統領が議長を務める国家安全保障会議と、それが管理する大統領直属の諜報機関CIAを成立させた国家安全保障法案可決までの段階、


第二は、1953年のイランにおけるCIA初の海外政権転覆(en:1953 Iranian coup d'état)であるモハンマド・モサッデク政権転覆及び対米従属政権樹立のTPAJAX作戦から、1973年9月11日のチリに 於けるサルバドール・アジェンデ政権転覆作戦における史上初の、ニクソン政権支援のシカゴ学派の新自由主義クーデター(チリ・クーデター)成功に至るまでの新帝国主義政策形成の段階[14]、


File Photo: A report to the National Security Council on Operation Ajax. Image: Wikimedia=Wikipedia
File Photo: A report to the National Security Council on Operation Ajax. Image: Wikimedia=Wikipedia

File Photo: Operation Ajax in 1953. Image: Wikimedia=Wikipedia
File Photo: Operation Ajax in 1953. Image: Wikimedia=Wikipedia

そして、第三が、それ以降から冷戦終結を経て世界中で1973年のチリ・クーデターをモデルにしつつ実施される段階である。ただしそれは、サッチャーのフォークランド戦争時の新自由主義応用モデルや、ボリビアのビクトル・パス・エステンソロやゴンサロ・サンチェス・デ・ロサダのように、非軍事政権で尚かつ文民クーデターによる新自由主義応用モデルなどの登場をもたらした。すなわち議会制下で、合法的に秘密保護法などのように抗議反乱を鎮圧できるソフトな強権体制を確立し、軍事政権や強制収容所やシカゴ学派をもはや必要としない形[15]で、発展応用されていく惨事便乗型資本主義(コーポラティズム略、en:Disaster Capitalism)の段階である。[16]


対米従属の具体例


第二次世界大戦以前から冷戦終結以降までの海外の対米従属政権の具体例としては、以下の如く1893年から現在(2013年)まで国内外の研究と情報公開により検証指摘されたものを列挙していく。


ハワイ併合過程における1893~1903年期間のハワイにみるサンフォード・ドール政権、1936~1959年期間のキューバにみるフルヘンシオ・バティスタ政権、

1939~1958年期間のイラクにみるファイサル2世_(イラク王)政権、

1948~1960年期間の大韓民国にみる李承晩政権、

1948~1957年期間のタ イにみるプレーク・ピブーンソンクラーム政権、

1949~1963年期間の西ドイツにみるドイツキリスト教民主同盟のコンラート・アデナウアー政権、

1963~1966年期間の西ドイツにみるルートヴィヒ・エアハルト政権、

1966~1969年期間の西ドイツにみるクルト・ゲオルク・キージンガー政権、

1969~1974年期間の西ドイツにみるヴィリー・ブラント政権、

1974~1982年期間の西ドイツにみるヘルムート・シュミット政権、

1982~1998年期間のドイツにみるヘルムート・コール政権[17]、

1954~1989年期間のパラグアイにみるアルフレド・ストロエスネル政権、

1939~1975年期間のスペインにみるフランシス・フランコ政権、

1948~1949年、 1953~1958年、そして1970~1974年期間のCIAの麻薬基地のあったコスタリカにみるホセ・ フィガレス・フェラー(en:José_Figueres_Ferrer)政権、

1964~1967年期間のブラジルにみるウンベルト・デ・アレンカール・カステロ・ブランコ政権、

1940~1968年期間のパナマにみるアナルフォ・アリアス(en:Arnulfo Arias)政権、

1969~1981年期間のパナマにみるオマル・トリホス政権、

1983~1989 年期間のパナマ共和国にみるマヌエル・ノリエガ政権、

1989~1994年期間のパナマ共和国にみるエンダーラ(en: Guillermo_Endara, 副大統領Guillermo Ford)政権、

1980~1988年期間の大韓民国にみる全斗煥政権、

1930~1952年期間のドミニカ共和国にみるラファエル・トルヒーヨ政権、

1931~1944年 期間のエルサルバドルにみるマクシミリアーノ・エルナンデス・マルティネス政権、

1954~1989年期間のパラグアイにみるアルフレド・ストロエス ネル政権、

1957~1971年期間のハイチにみるフランソワ・デュヴァリエ政権、

1960~1996年期間のドミニカにみるホアキン・バラゲール政権、

1932 ~1949年期間のホンジュラスにみるティブルシオ・カリアス・アンディーノ政権、1937~1956年期間のニカラグアにみるアナスタシオ・ソモサ・ガ ルシア政権、

その後継として1956~1963年期間のニカラグアにみるルイス・ソモサ・デバイレ政権、

1963~1979年期間のニカラグアにみるアナスタ シオ・ソモサ・デバイレ政権、

1963~1979年期間の韓国にみる朴正煕政権、

1959~1963年期間のタイにみるサリット・タナラット政権、

1955~1963 年期間の南ベトナムにみるゴ・ディン・ジェム(en:Ngo_Dinh_Diem)政権、1958~1988年期間のブルマにみるネ・ウィン政権、

1965~1967年期間の南 ベトナムにみるグエン・カオ・キ政権、

1964~1965年期間の南ベトナムにみるグエン・カーン政権、

1966~1967年期間のガーナにみるエマニュエ ル・クァシ・コトカ(en:Emmanuel_Kwasi_Kotoka)政権、

1969~1970年期間のガーナにみるアクワシ・アフリファ(en:Akwasi_Afrifa)政権、

1955~1963年 期間の南ベトナムにみるゴ・ディン・ヌー、

1965~1975年期間の南ベトナムにみるグエン・バン・チュー政権、

1941~1979年期間のイランにみるモ ハンマド・レザー・パフラヴィー政権、

1950~1960年期間のトルコにみるアドナン・メンデレス政権、

1931~1946年期間のグアテマラにみるホル ヘ・ウビコ政権、

1954~1957年期間のグアテマラにみるカルロス・カスティージョ・アルマス政権(en:Carlos_Castillo_Armas)、

1947~1957年期間のタ イにみるファオ・スリャノンド(en:Phao_Sriyanond)、

1952~1956年、1960~1964年、1985~1989年期間のボリビアにみるビクトル・パス・エステンソロ政権、

1963~1973年期間のタイにみるタノム・キティカチョン(en:Thanom_Kittikachorn)、

1963~1973年期間のタイにみるプラファス・チャルサセン(en:Praphas_Charusathien)政権、1975~1976年期間のタイにみるククリット・プラーモート政権、

1976~1981年期間のウルグアイにみるアパリシ オ・メンデス(en:Aparicio Méndez)政権、1977~1980年期間のタイにみるクリャンサック・チャマナン(en:Kriangsak Chamanan)政権、1945~1975年期間 の台湾にみる蒋介石政権、

1978~1988年期間の台湾にみる蒋経国政権、

1970~1975年期間のカンボジアにみるロン・ノル政権、

1973~1990年期間 のチリにみるアウグスト・ピノチェト政権、

1976~1981年期間のアルゼンチンにみるホルヘ・ラファエル・ビデラ政権、

1965~1986年期間のフィリ ピンにみるフェルディナンド・マルコス政権、

1962~1999年期間のアンゴラにみるホールデン・ロベルトの国外アンゴラ革命政府(GRAE)を樹立したアンゴラ民族解放戦線、

1966~1969年期間のボリビアにみるレネ・バリエントス・オルトゥーニョ政権、

1969~1991年期間のソマリアにみるモハ メド・シアド・バーレ政権、

1976~1983年期間のアルゼンチンにみるギレルモ・サレツ・メーソン政権(en:Guillermo Suárez Mason)、

1971~1978年、 1997~2001年期間のボリビアにみるウゴ・バンセル・スアレス政権、

1970年以降のオマーンにみるカーブース・ビン=サイード政権、

1967~1998年 期間のインドネシアにみるスハルト政権(当時CIAのスハルト政権樹立作戦のマネジャーであったラルフ・マクギーは、1973年のチリ・クーデターの

モデル・オペレーションとして指摘している[18])、

1967~1974年期間のギリシャにみるゲオルギオス・パパドプロス政権、

1971~1981年期間のエジプトにみるアンワル・アッ=サーダート政権、

1979~1990年期間のイラクにみるサッダーム・フセイン政権、

1980~1981年期間のボリビアにみるル イス・ガルシア・タジャーダ政権(en:Luis García Meza Tejada)、

1982~1984年期間のホンジュラスにみるガスタボ・アルバレッツ・マルティネッツ (en:Gustavo Álvarez Martínez)、

1983年グレナダ侵攻後のグレナダにみるハドソン・オースティン(en:Hudson_Austin)政権、1981~2011年期間のエジプ トにみるホスニー・ムバーラク政権、

1993~1997, 2002~2003年期間のボリビアにみるゴンサロ・サンチェス・デ・ロサダ政権、2013年の2013年エジプトクーデター後のエジプトにみるハーゼム・エル=ベブラーウィー政権[19]、

1999~2001年期間のアルゼンチンにみるフェルナンド・デ・ラ・ル ア政権、

1999年以降のジブチにみるイスマイル・オマル・ゲレ政権、

1998~2005年期間のドイツにみるゲアハルト・シュレーダー政権、

2008~2013年期間の韓国にみる李明博政権などが著名である。[20] [21][22][23]


File Photo: A chart shows periods of Latin American puppet regimes.
File Photo: A chart shows periods of Latin American puppet regimes.

上述の対米隷属政権樹立の典型的な事例たるチリにおける対米自立的な民選政権の経済的暗殺[25]と軍事政変による転覆という米国政策(1964年から1973年までCIAが介入)からその本質を分析し、報告書にまとめたジャーナリストのジョン・リー・アンダーソン(en:Jon Lee Anderson)はこう証言している。 [26]


機密解除されたアメリカ政府文書に依ると、その計画とはチリをサルバドール・アジェンデ政権下で政権運営不能にし、社会的混乱を誘発し、そして軍事政変をおこすことである。......CIA筋はサンチアゴ駐在主任に明確にその骨子を伝達した。軍事政変によるアジェンデ政権転覆は揺るがぬ継続的な政策である。......我々は、この目標へ向けて継続的にあらゆる手段を尽くして最大限の圧力をかける。そしてこれは、極めて肝要であるが、これらの活動は秘密裏に実施されねばならず、米国政府と米国人の手によるものと明らかになってはならない。

             — ジョン・リー・アンダーソン


さらに、当時チリに於ける米国利権の代表である多国籍企業ITTは、ニクソン政権に対して18点要項の軍事政変計画まで進言していたことも発覚している[27]。


チリ軍部内部で信頼できる人的資源を確保せよ。......アジェンデに対する計画的な不満を産出せよ。そして、彼の除去を必要欠くべからざるものとするのだ。

             — ITTのニクソン政権へのチリ民選政府転覆計画立案より[28]


多くの対米自立政権は、自国の保持する主権を当然主張したことによって米国の多国籍企業の現地での覇権利権と衝突し、CIAの介入を招き転覆作戦によって対米従属政権に置き換えられて来た歴史がある。例えば米国によるイラン新政権転覆のためのイラン・イラク戦争を準備したイラン・コ ントラ事件に関するインタビューで、ピーター・デール・スコット教授(en:Peter_Dale_Scott)はこれをCIAの他国の民主政権転覆作戦の観点から概括している。


過去30年間に軍事クーデターが倒した民主政府を振り返るのは、同じ期間のCIA秘密工作の歴史を要約するものだ。1953年にはグアテマラのアルベンス大統領が倒された。1964年にはブラジル政府が倒され、1966年にはガーナ政府が倒された。ここで挙げた多くの政権は、自国の保有する資源の権利を繰り返し主張したことによって、国際的な石油企業とトラブルになった。CIAはこれら多国籍このような類似の事例はバングラディッシュでのCIAによるクーデター支援で、約50万人が殺害されたケースやイラクの歴史全体にも見られる。そこでは米国、イギリス、フランスの石油会社は、何年にも渡ってイラクの原油95%を所有するために傀儡政権を樹立してきたのである。その間に国民は例によって苛酷な貧困生活を彼ら財閥の利権確保のために強いられて来た。その結果、イラク国民は1958年になって7月14日革命を起こし、ファイサル2世_(イラク王)対米隷属政権を打倒した。米国と英国は中東に何千人もの軍隊を派遣したが阻止できぬままに、イラクは完全に独立国となったのである[30]。


FILE PHOTO: Infographic work on 52 US interventions since the end of World War 2 (1945-).  Image: Redfish
FILE PHOTO: Infographic work on 52 US interventions since the end of World War 2 (1945-). Image: Redfish

対米従属の日本国内の具体的事例


日本の文民型の従米政権(一部抵抗派の従米政権も含む)の事例については、政治評論家の孫崎享は、1945~1946年期間の幣原喜重郎政権、1946~1954 年期間の吉田茂政権、1960~1964年期間の池田勇人政権、1974~1976年期間の三木武夫政権、1980~1982年期間の鈴木善幸政権、1982~1987年期間 の中曽根康弘政権、1987~1989年期間の竹下登政権、1989~1991年期間の海部俊樹政権、1996~1998年期間の橋本龍太郎政権、1998~2000年期間の小渕恵三政権、2000~2001年期間の森喜朗政権、2001~2006年期間の小泉純一郎政権、2006~2007年期間の安倍晋三政権、2007~2008年期間の福田康夫政権、2008~2009年期間の麻生太郎政権 [31] 、2010~2011年期間の菅直人政権、2011~2012年期間の野田佳彦政権、2012年からの安倍晋三政 権[32] (2012-2020)などを挙げている。[33]


元外務大臣重光葵は、日本最初の対米従属政権である幣原喜重郎政権とその組閣を担った吉田茂に関して重大な証言を残している。[34]


幣原新内閣は昭和20年10月9日成立した。その計画は吉田外務大臣が行った。吉田外務大臣は、いちいちマッカーサー総司令官の意向を確かめ、人選を行った。残念な事に、日本の政府はついに傀儡政権となってしまった。


— 重光葵『続 重光葵日記』[35]


また、CIAの創設メンバーで、GHQ参謀第二部長として日本の文民型の対米従属政権樹立に直接関与したのが、チャールズ・ウィロビーである。彼は第三者の引用と言う形式で叙述した自著『知られざる日本占領 ウィロビー回顧録』で吉田茂従米政権成立過程を回顧してこう証言している。[36]


ウィロビーは大変吉田びいきだったね。帝国ホテルのウィロビーの部屋へ、吉田さんは裏庭から忍ぶようにやって来たりしたよ。裏階段を登ってくる吉田さんとばったりということが何度もあったな。(中略)あのころは、みんな政治家は米大使館(マッカーサー の宿舎)には行かず、ウィロビーのところで総理大臣になったり、あそこで組閣したりだった。
— チャールズ・ウィロビー『知られざる日本占領 ウィロビー回顧録』[37]

チャールズ・ウィロビーは、その後1951年退役後に、スペインのファシスト対米従属政権の独裁者フランシス・フランコの顧問に就任した。また、戦後日本の官僚は米国との関係上、貿易と安保の間の分離(政経分離)を維持し、ペンタゴンに歓迎され、以後半世紀以上にも及ぶアメリカの日本における覇権の象徴とみなされるようになった[38]。


対米従属政権の政治経済体制


ラテンアメリカにおいて主流な軍人型による従米政権か主として戦後日本における文民型による従米政権かは、当該国の政治体制に依って異なり、軍事政権、軍国主義、ボナパルティズム、ファシズム、寡頭制、君主制、社会主義や議会制民主主義政体のものなど上述以外にもその他多数存在している。


File Photo: Pinochet and Bush Senior. © Biblioteca del Congreso Nacional - Chile
File Photo: Pinochet and Bush Senior. © Biblioteca del Congreso Nacional - Chile

また以上の事例からもグアテマラにみるホルヘ・ウビコ政権のような従米ファシズムという極端に歪な隷属形態もあるだけでなく、いわゆる従米政権、傀儡政権が単なる従米右派独裁政権とは限らないのである。さらにまたその経済政策は、新自由主義政策を採用する場合、いわゆる開発主義政権(en:developmentalism)ではない。2007年にネオコン批判の政治経済学的研究書 『ショック・ドクトリン』を上梓し、シカゴ学派の新自由主義政策を惨事便乗型資本主義として批判分析したナオミ・クラインは、ラテンアメリカ諸国でシカゴ学派を政策顧問にした対米従属政権によって実施された惨事便乗型資本主義の顛末をこう総括している[39]。


多くのラテンアメリカ諸国は、何百万人をも貧困化させた経済的ショックと、それとは異なった種類の社会を奉じた何百何千という人々への懲罰的拷問の疫病的蔓延との間の直接的な関連を目にしたのである。


— ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』


ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカでは、米帝国主義はその典型として、南米のCIAのコンドル作 戦(Operation Condor)(1975)のようにワシントンの供与した当時最先端技術のコンピュータシステムで反体制や労 働組合を国際的に弾圧し、国境なき拉致や拷問を繰り広げたファシスト官憲、アウグスト・ピノチェトのような西側の対米従属政権のパラダイムとなった大量虐殺のボナパルティスト要人を、米国内のSOA(1946年に米国によりパナマで開校されたアメリカ陸軍米州学校、U.S.ARMY School Of Americas、開校以来中南米の55,000人 以上の将校が反乱鎮圧戦を主に訓練を受け、毎年約2,000人が通う。1984年に米国内のジョージア州フォートベニング陸軍基地に移転し、2001年の改名後は現在の西半球安全保障協力研究所がこれに該当する)で養成し、従米軍国主義の独裁体制を傀儡政権として樹立し、シカゴ学派_(経済学)(en:Chicago_Boys)のシカゴ大学経済学教授ミルトン・フリードマンが指導した新自由主義(en:neoliberalism)政策を実施させた。


File Photo: Milton Friedman ©Meiselman, Ellen
File Photo: Milton Friedman ©Meiselman, Ellen

ミルトン・フリードマンは、それが史上初めて自身が政策顧問を担当したアウグスト・ピノチェトによりチリで実践されたことを自画自賛しつつチリの奇跡として喧伝した。このチリでのシカゴ学派の新自由主義的実験の実相をノーベル賞作家のガルシア・マルケスは、映画監督ミゲル・リティンの1985年のチリへの秘密潜伏によるドキュメンタリー映画制作過程のルポルタージュの中で、その帰結としての地主階級の貧困化、中産階級の没落と労資間格差の深化の有様をこう記述している[40]。


街頭の売り子というのはチリでいつでもみられたのだが、これほど数が多かったことはなかったと思う。彼らは黙黙と、長い列を作っている。今日ではこんな光景が見られない繁華街というものは、凡そ考えられないだろう。そこではあらゆるものが売られている。その人数も多く、様々な人がいるので、それだけで社会を映し出す鏡となっている。失業した医者や落ちぶれた技術者、あるい は、いくらでもよいからと良き時代の衣類を売りにきた侯爵夫人の傍らには、盗品を差し出している孤児や手作りのパンを売ろうとしている下層階級の女性の姿が見られる。だが専門職の人々のほとんどは、不幸に落ちたとはいえ、品位だけは捨てていないようだ。


— ガルシア・マルケス『戒厳令下チリ潜入記-る映画監督の冒険』[41]


新自由主義(en:neoliberalism)政策とは、つまり危機や脅威論を創出し、それを利用して民営化や規制撤廃など常 時では国民に受け入れられがたい民衆本位でない強行策実施を一部の投機分子の為に画策するいわゆる惨事便乗型資本主義(en:Disaster Capitalism)や新保守主義、ネオコン(en:Neoconservatism)としても知られる政策である。


さらに詳述すると、しばしばIMFや世界銀行を通して実施されたりするが、反開発主義、反ケインズ主義という 立場のもと、危機や脅威論を計画的に創出し、即時反対抗議や反乱が不可能な危機的状況下で支配権を握り、 それに便乗し積極的且つ迅速な民営化(特定の官僚や資本家による公共資源・公共事業の私有化、私有事業化、 果ては戦争や災害危機も私営事業化し、公共資源を1%の富裕層の占有とする)と規制撤廃(経済自由化や貿易自由化やグローバリゼーションのレトリックや名目でなされる相手国国内の地場基幹産業の保護撤廃や労働保 護撤廃、貿易障壁の撤廃、公共サービスの削減、社会保障ネットの撤去など)による市場経済原理主義、純粋資本主義(pure capitalism)の復古、福祉国家解体を目指すというショック療法的政策(ショック・ドクトリン、ビッグバン (金融市場))を、その帰結として不可避に生じる格差の深刻化からくる抗議反乱を最も便宜に鎮圧可能な強権体制で貫徹させ支配してきた[42][43]。


しかし、米国国内では、当時ニクソン政権はあくまでニューディール以来のケインズ主義政策を採用し、新自由主義の成果は危機に便乗した超富裕層の自社内部留保などの蓄財に資っしたのみで、通常の民主体制下では想像出来ない様々な弊害を当該国(軍政下の南米、インドネシア、トルコ、韓国、ガーナ、他に一党支配下のメキシコ、シンガポール、香港、台湾、中国、ロシア、そして多党制下のサッチャーの英国、レーガン政権以降の米国[44])へともたらした。例えば新自由主義政策実験国第一号となったチリでは、1974年から世界最大の375%というインフレ(前政権時の2倍)を記録し、1973年から1983年間に177,000もの職が喪失したり、自由貿易が雇用率を上げると当初喧伝されたが、失業率も前政権の2%から20% へ、そして二年後には25から30%へと急上したりと2007年には、ついに国連調査で世界で八番目の格差社会となった[45]。


また国家機構としてはベニート・ムッソリーニの警察国家のように、政府、資本家及び労働官僚らが国家主義の名の下に謀議するコーポラティズム国家形成(国家の株式会社化とも揶揄される)が、対米従属政権の特徴でもある[46]。その支配と圧政を敗ったのはあくまで米国によるのではなく、例えば1927年~1933年にニカラグアでアメリカ海兵隊を敗り、同国の対米従属政権への反対運動を指導したアウグスト・セサル・サンディーノに始まるサンディニスタ民族解放戦線や、1979年のイスラム右派と左派の共闘したイラン革命の如く、右翼も左翼も共闘した当該諸国の被圧迫諸民族の対米自主独立の民族主義闘争だった。[47][48]


ナオミ・クラインは、さらにシカゴ学派の新自由主義が国際間のイデオロギー闘争において幾つものレトリック、タームの下に流布している現象(リベラルと保守の定義の相対性と混淆)を指摘し、それに分析を加えている。


フリードマンは彼自身をリベラルと呼んだ。しかし、リベラル達に高額税とヒッピー達を伴って協力した彼の追随者たちは保守、古典派経済学者たち、自由市場主義者たちと認められ、後には、レーガノミクスやレッセフェールの信奉者たちと認められた。最大多数の世界の国々において、彼らの古典的教義は新自由主義として知られるが、それはしばしば自由貿易や単純にグローバリゼーションと呼ばれる。

— ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』[49]


非公式な死の部隊の暗躍


File Photo: Pinochet CIA Profile in 1976. Image: Wikimedia=Wikipedia
File Photo: Pinochet CIA Profile in 1976. Image: Wikimedia=Wikipedia

1970年代後半から1980年代初めの内戦期のアルゼンチンで、キッシンジャーの黙認と対外的な否認のもとで、 当該従米軍事独裁政権により約3万人が拷問され殺害された通称汚い戦争(en:Dirty_War)や1981年にレーガン政権とCIAにより組織された従米反政府武装テロ組織にして、ラテンアメリカのCIA麻薬取引ネットワーク(歴史的に はベトナム戦争時に遡り、コスタリカのハル農場を仲介して麻薬取引が行われた)を介して、米政府に援助され たニカラグアの反革命軍を標榜する国際テロ組織コントラによるコントラ戦争やグアテマラの1954年 のPBSUCCESS作戦に顕著な米帝国主義政策、チャルマーズ・ジョンソンは、これを隠密帝国主義(en:Stealth Imperialism) [50]と言うが、それは、ペンタゴン、軍産複合体による140カ国以上、その90%は非民主的政権への 武器売却(Arms Sales)やCIAの麻薬取引を積極的構成要素とするだけでなく、属国にあくまで労資調停者である かのように振る舞うボナパルティスト(ポピュリスト)政権を望む傾向にある。


さらに、CIAは何千人ものユダヤ人やレジスタンスを虐殺したナチスのクラウス・バービーのような元ナチス幹部を他の連合国へ引き渡さ ず、ボリビアへ密入国逃亡をさせ、秘密戦争のために自らのスパイとして雇ったり、チリやアルゼンチンに亡命していたナチスの元高官たちを雇って、南米の諜報機関を養成したが、元ナチスだけでなく、ラスベガス・ マフィアのジョン・ロゼッリ、シカゴのボス、サム・ジャンカナ、タンパのボス、サント・トラフィカンテ、 スハルト政権樹立を援助したバークリー・マフィアといったいわゆるマフィアも雇って作戦に利用した。


File Photo: Jeju Massacre in 1948. Image: Wikimedia=Wikipedia
File Photo: Jeju Massacre in 1948. Image: Wikimedia=Wikipedia

さらに、1948年米軍統制下の南韓国の軍部が、済州市内で、南北統一された自主独立国家の樹立を訴えるデモを行っていた島民約6万人を、冷戦のレトリックである反共名目で大量虐殺し、その他の島民約4万人が日本へ強制移住となった済州島四・三事件(en:Jeju Uprising)のような東アジアにおける大規模な弾圧、1979年から1980年にかけて、全斗煥が米軍司令官ウィッカム(General Wickham)及びワシントンの許可を受け第20部隊を用いて行った5.18光州民主化運動の大虐殺(en:Gwangju_massacre)[51]、1980年代ラテンアメリカの民族独立の民主主義運動を反共名目で約20万人以上を虐殺し粉砕した、その歴史的起源を1927年のルーマニアの極右反ユダヤ主義集団である鉄衛団(en:Iron_Guard)とする死の部隊(en:Death_squad)、革命前のイランでの米国と同盟したモハンマ ド・レザー・パフラヴィーによるCIAが作り出した暗殺集団SAVAK(国王秘密警察, en:SAVAK)を利用した反体制派数千人の大虐殺、米国によるチリのアウグスト・ピノチェト政権の樹立と彼の少なくとも4千人と言われる拷問や虐殺の罪責の免除、同政権による少なくとも80,000人の反対派市民の逮捕投獄や200,000の難民流出[52]、トルコにおけるクルド人虐殺、1981年エルサルバドルにおけるSOA出身将校等によるエルモソテ村大虐殺などの国家テロ(en:State Terrorism)のように、米国に支持された対米従属政権の自国民への人権蹂躙及び弾圧は世界史的に広範に見られる傾向である[53]。


CIAが支援した対米従属政権によるこの手の自国民の虐殺の中でも最大規模とされるのが、インドネシアのスハルト政権による1965年から1967年にかけて自国の約100万人をCIAが作 成した反体制派名簿に従って軍が殺戮していった事例である。さらに、スハルト政権は、当時のジェラルド・ フォード米国大統領とヘンリー・キッシンジャーの許可を得て、1975年に東チモールに侵攻し、それ以降10年間東チモールを対外的に封鎖し、人口の3分の1である約20万人をも虐殺した。1991年には、同政権はサンタクルス事件という現地住民の大量虐殺事件も引き起こした。[54]そして日本や英国、オーストラリアなどはこれを黙認してきた。


File Photo: President George H.W. Bush being briefed by the Defense Intelligence Agency (DIA) during the 1989 US invasion of Panama. Image: Wikimedia=Wikipedia
File Photo: George H.W. Bush being briefed by DIA during the 1989 US invasion of Panama. Image: Wikimedia=Wikipedia
冷戦期始まりの世界中で、公式非公式の米国の代表者たちが活動してきた。しばしば、隠密なやり方で、民衆を圧迫する政権を樹立したり、彼らの軍隊や警察を作り出した。それらは、往々にして彼ら自身の民族の大部分に敵対した
— チャルマーズ・ジョンソン [55]

又直接的に軍事介入や経済制裁が米国によってなされる事例でも、実態とは正反対のイデオロギー的な粉飾が される傾向がある。例えば、米国による1991年からの経済制裁がイラクの社会資本を破壊したことにより約150万人のイラクの子供たちが死亡したと されるケースでは、1989年の経済制裁前の幼児死亡率を超えてそれは急上昇していったが、サッダーム・フセインがその危機の元凶と喧伝された上 に、バグダッドにある子供用の中東唯一の粉ミルク工場を化学兵器工場であるとして破壊し、他のイラク食料保存加工施設をも徹底的に破壊した事 は有名である。このような経済制裁は、一種の大量破壊手段として指摘され、戦争のために市民を飢餓へ追いやることは国際法違反であり、ジュネーブ条約、国連憲章、WHO憲章、世界人権宣言、諸国家の経済的権利や義務憲章すべてに違反している。[56]


さらに、4千人以上が亡くなったパナマ侵攻のケースでは、米軍はトンキン湾事件の如く侵攻前に何度も挑発し事件を引き起こし、国際紛争をでっちあげ米軍がパナマ人を挑発して起こった事件を理由にして、アメリカ人の生命を守ると言う名目でパナマ侵攻を行った事も指摘されている。[57]


なお朝鮮半島[58]に関しては、ペンタゴンは1997年同省長官ウィリアム・コーヘンを通じ朝鮮統一後も米軍基地の継続駐留の意向を、理由には一切言及せず明言している。さらに1994年の南北朝鮮の枠組み合意以降、両国の外交的努力による緊張緩和を妨げる一連の不可解な事件が今日まで頻発していることがチャルマーズ・ジョンソンによっても指摘されている[59]。米軍は、属国自体を防衛しているのではなく、東アジアの衛星国家群が 成す従米属国ブロックという永遠の軍事的利権を防衛しているのが実態である。(国民には、自国に於ける米国支配搾取の永続化が自国の安全保障というように倒錯して映っている実態として指摘されている)[60][61]


ヨーロッパにおける対米従属の事例としては、CIAはNATOの従属国を利用して、従米政権樹立のために極左のテロを偽装した従米極右集団による国際テロ作戦であるグラディオ作戦(en:Operation Gladio)を1969年から1982年までの長期間実施していたことも発覚している。[62]


21世紀に入ってからも、CIAはベネズエラで2002年4月反チャベス政権の従米軍部によるクーデターで数日間ながら傀儡政権を樹立したり、未だにその対米従属化政策の非民主的な政治介入の手口を放棄していない。[63]


以上のように対米自主独立勢力を監視し、破砕する諜報工作機関は、CIAのみだけではなく、2013年11月2日のニューヨーク・タイムズで同盟国たる日本をも経済、外交、技術革新の三分野で盗聴していることがスノーデンの公開文書で発覚したアメリカ国家安全保障局[64]、アメリカ国防情報局DIAや思いやり予算で日本人従業員をネット検索上の情報収集とレポート作成に毎日あたらせ日本、中国やインドの言論、軍事動向などを監視通報する在日米軍座間基地所在のアメリカ陸軍情報保全コマ