Hong Kong Intelligence Report #25 対米従属 對美從屬 对美从属 Obedience To US Imperialism

Updated: Jun 2

#対米従属 #HongKong #Intelligence #Report #香港情報分析 #OSINT

File Photo: The New Cabinet was approved on October 9, 1945. The plan was implemented by Foreign Minister Yoshida. Foreign Minister Yoshida confirmed the intention of General MacArthur in each case and conducted a selection. Unfortunately, the Japanese government has finally become a puppet government since then.  —  Mamoru Shigemitsu, " Mamoru Shigemitsu Diary Cont."  Composite © Ryota Nakanishi
File Photo: Mamoru Shigemitsu, " Mamoru Shigemitsu Diary Cont." Composite © Ryota Nakanishi

What could we do?


“How many September 11ths has the United States caused in other nations since WWII?” The answer is: possibly 10,000. - James A. Lucas

cited from U.S. Regime Has Killed 20-30 Million People Since World War II


Listen to Mr. William Blum (1933-2018)'s suggestion to the people of the world.


People asked Mr. William Blum: What could we do?  

Mr. William Blum: Educate yourself and as many others as you can about what this (US) government has actually done at home and abroad. 

This is what I have been doing since 2013 until present internationally.


Academy Award Winner The Panama Deception (Dir. Barbara Trent; 1992) was and still is the best documentary on this issue.


Full Movie


URL: https://www.c-span.org/video/?467566-1/the-panama-deception


General Remark


This analysis on the global political phenomena 'obedience to US imperialism' was done from the specific political perspective and context of Japan in the past. The recent political tendency of Japanese inner politics is that US and its puppet regime are gradually establishing two party system like US itself in which both ruling party and opposition party are both US agents and representatives of billionaires who are highly hostile to Russia and China. Japanese opposition must abolish anti China, anti Russia political lines which are only harmonious with US imperialism diplomatically.


Even Japanese Communist Party is now transforming into 'pro US Democrat' camp internationally and highly hostile to Venezuela's Maduro regime, Putin Russia and Chinese Communist Party. In general, Japan's political situation is no better than any others. US imperialism is still dominant in both right and left wings in Japan. Thus, 'being independent from US imperialism' is the historical goal of the people. Both All Japan for Peace and Coexistence and Reiwa Shinsengumi are leading the opposition strategically and tactically in an anti US imperialist way. Enemies' conspiracy of hijacking the opposition movement was failed in 2016 by us but it's still in danger.


Furthermore, Okinawa's anti base movement is affected by interests of local developers. As the result, it lacks thoroughness and cohesiveness that they don't demand complete withdrawal of USFJ. At the same time, they allow US bases without Marine Corps Air Station Futenma and Henoko bases. They only aimed at reducing the burdens in this contradicted way while it won't serve the cause.


This article (2013) below was written in Japanese due to its political targets during Japanese ops. in the past decade. It can show you what US imperialism is in world history. It is our issue not others'.


In some secret document, NSA did not mention Hong Kong as a threat to its global agenda including anti China ops..In the past, I wrongly complemented Hong Kong as the best society to be able to prevent US imperialist colour revolutions effectively but the place has been the worst example for the world since 2019.


Historical Events for real opposition in Japan

Democratic reformist Hatoyama regime begins in 2009;

Publication of Ukeru Magosaki's revolutionary historical book, The Truth of the Post-War Japan-US Alliance (ISBN-13: 978-4422300511);


Birth of Abe's reactionary regime at the end of 2012;


The establishment of the All Okinawa United Front;


Takeshi Onaga elected as Okinawa Governor in 2014;

All-Japan for Peace and Co-existence United Front established in 2015;

The death of Okinawa Governor Takeshi Onaga ; Danny Tamaki succeeded Okinawa Governor Takeshi Onaga in 2018;


Reiwa Shinsengumi organised in 2019.


To be continued...


Although western mainstream media are still blaming Stalin and Mao for deaths of millions, US itself actually killed 20-30 millions around the world since WW2. The greatest mass murderer is US government. James A. Lucas wrote:


''The overall conclusion reached is that the United States most likely has been responsible since WWII for the deaths of between 20 and 30 million people in wars and conflicts scattered over the world.''


READ MORE:

U.S. Regime Has Killed 20-30 Million People Since World War II

https://www.fort-russ.com/2020/01/u-s-regime-has-killed-20-30-million-people-since-world-war-ii/

總論


不管是什麼立場,大中華地區的媒體都根本不理解錯綜複雜的日本國內政治。不過,日本,台灣,南韓都作為美帝的反中封鎖線,不精確理解日本國內政治是只會不利於中國本身,只對日本統治階級的部分進行統戰是遠遠不夠的,甚至‘被統戰’淪為了牟取私利的本港機會主義份子的現實主義手段(如地產霸權利用政協身分反中反共)。我們不管中國情報單位的失敗與否,也一律不需要管任何排外主義,官僚主義的中國媒體的錯誤。中國的政治和媒體的最大弱點是其愛國主義,愛國主義讓他們盲目,主觀和排外,而喪失了很多豐富的多元化的合作和發展空間。不過,美國在政治和媒體作戰方面也非常多元化,譬如在非洲的美國作戰上卻找了法國代理人來從事,然而中國始終死板地只用中國人,其視野和作風極為有限和狹窄。這點與俄國正好相反。雖毛澤東為中國打贏了美國好多次,但如今中國戰勝美國仍然是遙遠的未來的事。


在此議題上,中文讀者不熟悉的是,在日本,有關美帝的問題是以對美從屬的概念來討論的。是因為以舊民主黨系列的政黨(立憲民主黨;國民民主黨;希望之黨)所體現的親美民主黨的工會聯合組織連合的中產階級,社民黨以及共產黨的議會政黨都避開群眾路線,左右不同階級利益上反對美帝時,極力避免了左派路線及其詞彙。甚至,對美從屬這一概念也淪為了貪官污吏自覺的私人戰略或極右派隱瞞日本帝國主義的存在和粉飾改壞憲政體制及群眾既得社會成就時的敘事。對美從屬不僅是日本爭取對美獨立的批判性指導理念,讀取日本國內外政策的指針,也是統一不同反對黨派,階級利益之間展開反對美國帝國主義與日本帝國主義的政治概念。


就日本外交政策而言,基本上在野黨都是對美從屬的,主張對美獨立的卻仍然支持反中反俄的美帝外交政策,同時將視野限制在純粹國內展開對美從屬批判的怪象,矛盾是日本的反對派勢力的自我國際孤立現象,批判觀點往往唯限在日本國內。他們只談國內媒體,並以特定大學教室內的,特定教授之間的論爭取代整個群眾運動,其極端狹窄的視野都體現了國內水平仍然大不如國際水平。看來他們自己的個人,黨派利益凌駕於任何理念,政策。


日本的執政黨與在野黨中,有些主要政黨採取死亡部隊的戰術。自民黨與公民黨的暗殺部隊,官僚機構方面對此輔助的是公安,俗稱檢察機構法西斯主義的東京地方檢察特搜部與警方合作陷害反體制派,甚至日本共產黨也利用如同香港黑色暴徒一樣的暴力私了組織C.R.A.C.。


美帝在東亞意圖建立對美從屬的二黨制,執政黨和在野黨都是盲從美帝的。日本和台灣都是其典型。在香港,英美拉攏建制派議員來建立雙方都從屬於英美的議會主導勢力。對中國而言,一昧的反日政策和偏見毫無助於改善日本國內的左右反中的美帝佈局。


上述事實由以下事件證明,


2019年11月15日,日本共產黨跟隨日本國內舊民主黨勢力和美國民主黨批判了中共並維護了黑色暴徒。反對美帝的卻支持了美帝顏色革命,並對黑色暴力視而不見。


日本共產黨15日以“立即停止在香港的打壓”為題發出聲明指出,香港警察對於反政府的行動加強打壓的力道。11日警察近距離對示威者實彈開槍,有一人腹部中彈重傷。對手無寸鐵的示威者開槍是斷難容許的野蠻暴行。港警還衝入大學造成多人受傷、被捕。

聲明說,香港當局加強鎮壓民眾是獲得中國最高領導階層的批准與指導才做的。中國官方媒體告訴香港警察“什麼都不用怕”,公然煽動以武力威嚇。

聲明表示,顯然在香港進行打壓的根本責任在中國政府與中國共產黨,強烈要求立即停止打壓香港人。


READ MORE:

http://www.rfi.fr/tw/中國/20191115-日本共產黨發表聲明立即停止在香港的打壓


日本在野黨對國內爭取對美獨立,但對國外仍然秉持反中反俄對美從屬的政策。這種嚴重自相矛盾的政治病態只會有利於美帝。徹頭徹尾一貫堅持對美獨立政策才是日本在野黨可望改革日本的必要條件。從2009年的民主黨改革派鳩山政權開始,2012年末安倍反動政權的誕生,孫崎亭的革命性的歷史書《戰後的日美同盟真相》(ISBN-13: 978-4422300511) 的出版,2014年全沖繩統一戰線建立,翁長雄志沖繩縣縣長的產生,一直到2015年全日本統一戰線:為和平和共生的草根運動網的建立,2018年翁長雄志沖繩縣縣長逝世;玉城丹尼沖繩縣縣長的產生,最後2019年令和新選組誕生為止,正確的政策,政黨,研究,運動路線的確存在。最重要的不是有無主流媒體的報導,而是所提議的政策的準確性。日本目前的在野黨統一戰線的藍圖原本是學習國共統一戰線的。中國的影響如此深遠。


順便一提沖繩的反基地運動,這也不是單純的,實際上他們的主張是自相矛盾的,除了普天間基地和邊野古基地等著名新聞話題以外的新舊美軍基地則是被允許的。這主要是因為當地地產商的基地利權有關。減少基地負擔是口號,但其曖昧的雙重標準最終導致其他居民被基地利權所犧牲,如此基地負擔和沖繩歧視不會消失。正常的反基地主張應該是徹底去除所有的美軍基地,即美軍的全面撤退。


此篇日文小論文位於全沖繩全日本統一戰線的準備期,並且概括了當時所有有關議題的豐富理論成就和精華。


序説


米帝に浸透された左派:いずれにせよ孤立した一国対米独立は不可能;国際主義、国際的視野の必要性


CIAが資金援助した旧社会党だけでなく、共産党及びその周辺組織であるしばき隊もアメリカ民主党の外交政策と親和的で、明らかにCIAに代表される世界の寡頭に奉仕する勢力の浸透が深刻で、レーニン、ソビエトの全否定、及びアメリカ帝国主義批判の観点の埋没はそれを表現している。つまり、左翼左派も対米従属の範疇に入っている。


これは、今ラテンアメリカだけでなく、中国、香港でも深刻な米帝に奉仕する似非左派及びそのカラー革命における暴力と左派運動の乗っ取り、弾圧にもよく現れている。これは、2016年4月ちょうどNEDのマニラ会議から自覚にもたらされている国際現象である。


稀有な独立独歩の批判家である優秀な田中宏和氏がよくこの点を概括している。


今から16年前の2004年、関岡英之の『拒否できない日本』という新書が出版されてブームになった。2006年の『奪われる日本』も話題となった。米国の日本に対する「年次改革要求書」について暴露し、保守反米の立場から批判した本であり、当時、大きな反響を呼んで脚光を浴びた。2008年に小沢一郎率いる民主党が参院選で圧勝し、翌2009年の衆院選で政権交代を実現するが、その積極的な原動力となった一つが、関岡英之の著書だったのではないかと私は考える。これによって、保守世論でも竹中改革の売国政策に対する反発が広がった。書名を聞けば、誰もが何らかの感慨を持つはずだ。米国による徹底した日本改造。1997年の持株会社解禁は「年次改革要望書」によるものだった。1998年の大店法制定も「年次改革要望書」によるものだった。1999年の労働者派遣法改正による人材派遣業の自由化もそうだった。2002年の健康保険制度における3割負担導入もそうなのだ。2003年の郵政民営化もそうだ。


そして、2004年の製造業への派遣解禁。2005年の道路公団民営化。これらはすべて米国からの年次改革要望書の政策を国内で法制化したもので、その後の2010年のTPP協定交渉、2012年の第3次アーミテージレポートと続き、現在は日米FTA交渉で属国化の総仕上げの段階に入っている。年次改革要望書は、1993年の宮沢・クリントン会談が最初と言われているが、そこからとめどない従属化と植民地化の過程が始まり、怒濤の勢いとなって推進され、歯止めがかからないまま現在も続いている。関岡英之の頃は、それに対する反発や反感の意識が国内にあった。私はその点を指摘したいのだ。今では、属米化することが日本人の幸福のように言われ、左翼までが競って米国従属の動きを先導している。2012年からのしばき隊の活動がそうであり、ANTIFAのコピーやヘイトスピーチ法の移植がそうだ。LGBTを始めとする多様性主義のムーブメントもそうだろう。環境問題も、本来、日本発の提起だったのに、今では欧州の粗製偶像を崇める疎外と倒錯の劇となった。

日本の左翼からアメリカ帝国主義の概念が消え、自分たちがアメリカ帝国主義に支配されているとか、収奪と洗脳が強められているという意識が欠落してしまった。日本共産党の綱領には、今でも反アメリカ帝国主義の規定があり、二段階革命論の路線が保持されているのだけれど、その規定と認識が徐々に後退し、アメリカ帝国主義と対決する姿勢が弱くなっている。私見では、この問題はレーニン評価と直結していて、レーニン否定の空気がこの20年ほど左翼全般を覆うようになったため、帝国主義論の概念や理論の説得力が薄れ、こうした思想的結果を招いたのだと察しをつけている。レーニンが全面否定され、帝国主義論もゴミ箱行きの処理がされたため、アメリカ帝国主義に対する批判的視座が崩れてしまい、米国の対外政策を無条件に肯定する帰結に至ったのだろう。関岡英之の持論だった反米憂国の視角は、日本の左翼からは微塵もなくなってしまっている。その変化と傾向と並行して、左翼の中で反中国・反ロシアの気分が旺盛になり、しばき隊が反中反ロの言説を宣伝する前衛になって敵愾心を煽っている。

恰も、しばき隊がCIAの手先となり、左におけるプロパガンダ機関となったかの如き奇怪な印象だ。基本的には、彼らの無知と流行追っかけの浮薄な態度が誤謬を媒介していると言える。


READ MORE:

左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』

https://critic20.exblog.jp/30689744/#30689744_1


@ハフポスト


Lectures on the Political Philosophy of History

対米従属


研究対象期間:1893年から2013年当時


定義:


対米従属(たいべいじゅうぞく、英語: Slavish Obedience to the U.S.; Docile Subservience to the United States)または従米・媚米・属米・隷米・対米隷属・対米隷従・対米追随・対米追従・対米盲従とは、国家・政府・議会・国民が、自立や自己決定の意思を持たず、自分の認識や意見を持たず、 自分の認識や意見に基づく判断や言動をもせず、アメリカ合衆国議会・政府・諜報機関・軍産複合体・企業・駐留軍・国民に対して隷属・服従し、 内政も外交も、その他あらゆる物事も、アメリカ合衆国の言いなりになって発言・行動することである。


そして対米従属に相対するのが、脱米・対米自立・対米自主独立・対米独立・対米自主・対米脱却・対米自主自立などといわれる民族独立を希求する政治的立場(英語: Pro-Independence)である。


この対立は、人種や文化の次元でのいわゆる親米と反米の二元論とは峻別される。また、対米自立は米国による主権侵害の打破を目標とし、対米従属と共に第一次世界大戦以前の19世紀後半から21世紀現在までの世界史に広範に確認されており、右翼・左翼の別なく両派にもみられる。


そして日本一国やその戦後史に限定されないばかりか、国内外の国政や地方行政双方の領域にも広範に認められ、さらには対米従属と対米自立の闘争 はアジア、ラテンアメリカ以外に、アフリカや、中東や、オセアニアや、ヨーロッパ地域など全世界的規模で存在する。対米自立はあくまで当該国の主権侵害国が米国であるから対米なのであり、対中従属、対韓従属など米国以外の特定国への従属を意味しない。[1] [2]


File Photo: Japanese Foreign Minister Mamoru Shigemitsu signs the Instrument of Surrender on behalf of the Japanese Government, on board USS Missouri (BB-63), 2 September 1945.  Image: Wikimedia=Wikipedia
File Photo: Japanese Foreign Minister Mamoru Shigemitsu signs the Instrument of Surrender on behalf of the Japanese Government, on board USS Missouri (BB-63), 2 September 1945. Image: Wikimedia=Wikipedia

他国に従属する原因:


個人や組織や政府が他者や他国(米国)に対して従属・盲従・追従する原因は数種類ある。

軍事力・経済力等の国力の関係上やむをえないから。 ある個人や組織や政府が、他者や他組織や他国に対して、宗教的・思想的な信仰による全面的な賞賛・崇拝をして、自分で認識や考察することを放棄して、全面的な賞賛や崇拝の対象である他者や他組織や他国に対して